愛媛県北宇和郡鬼北町のお墓・霊園を選ぶには?選び方のコツとは?

愛媛県
この記事は約11分で読めます。

愛媛県北宇和郡鬼北町では、いくつかのお墓・霊園が提供されています。

しかし、昔からの馴染みだから、家族・親族がお寺とのつながりがあるから、などという理由で安易に選択してしまうと、

「近隣と比べて、料金が割高であることが、あとになって分かった…」

「せっかくお墓をつくったのに、アクセスが悪く、お参りにいきづらくなってしまった…」

「施設の管理が行き届いておらず、自分や家族も時間がなく対応できない。困った…」

などということになりがちです。

その点、少しでも大切なお墓をよりよい場所・より良い形・より良い価格で選びたいのであれば、「全国規模のお墓・霊園検索サイト」にお世話になるべきでしょう。

そして、結論から言うと、「全国規模のお墓・霊園検索サイト」の中でもっともお勧めしたいのは「お墓さがし」です。

本記事では、そもそもお墓や霊園を探し、実際にお墓を建てるには、どのような手順と作業が必要になるのか、そして、お墓や霊園ごとの特徴や上手に進めるためのポイントについてまとめていますので、ぜひあなたとご家族の大切な選択の参考にしてみてください。

つながりのある地元や寺院のお墓・霊園が安心?

多くの方が、人生においてお墓や霊園を選ぶのは「一度きり」です。

誰一人、お墓・霊園選びに慣れている人はいません。

 

そのため、

・地元のよく知っている霊園を選ぶ

・家族がお世話になっているお寺の墓地を選ぶ

・新聞や屋外の看板で宣伝していた霊園を選ぶ

など、十分に比較検討せずに選んでしまったという方が非常に多いようです。

 

しかし、せっかくお墓を作ったが、アクセスやバリアフリーが悪く、お墓参りに行きづらくなってしまった、家族で維持管理をするのが難しくなってしまった、というケースもあるようです。

また、寺院によっては、永代供養料の他に、檀家としての寺の維持費用や寄付金などの義務が実はあったり、宗教宗派や墓石の形の細かい条件指定がある場合もあります。

さらに、最近増えている屋内型の「納骨堂」形式を取る場合も、立地や設備、納骨の形式によって、数万円~300万円ほどまで費用が大きく異なります

 

なんとなく馴染みのお墓・霊園だからといって、安易に選択しないほうが賢明でしょう。

 

愛媛県北宇和郡鬼北町で本当に合うお墓・霊園を探すには?

自分と大切な家族のために、できる限りよりよい場所・より良い形・より良い価格で選びたい、という方には、「全国規模のお墓・霊園検索サイト」を活用する事がオススメです。

大きく異なる条件から幅広く比較できる

全国規模のお墓・霊園検索サイト」では、立地・宗教・墓地形態・費用・その他の特徴から、全国のお墓・霊園を検索することができます。

費用についても、立地と形態によって、数万円から300万円ほどまで、非常に幅広くなっていますので、丁寧に選ぶことが大切でしょう。

また、お墓の立地を、お住まいの場所の近くにするか、ご実家の近くなどにするか、まだ決まっていない…という場合にも、それぞれの場所で詳しい条件を確認することができますので、大変便利です。

 

自分や家族の知らない新たな選択肢が見つかる

近年、墓石を持たない「樹木葬」、あるいは、家族や家単位で墓を持たない「個人墓」「合同墓」やペットと家族が一緒に入れるお墓など、お墓・霊園にまつわる選択肢は、ニーズに合わせてとても幅広くなっています。

そのため、自分の家族や親族の伝統的なお墓しか知らない人にとっては、そのような新しい選択ができることすらご存じない場合があります。

オンラインのお墓・霊園サイトでは、いままであなたが知らなかった選択肢とも、簡単に出会うことができるのです。

 

未来の家族にベストの形が選択しやすい

現代の日本では、未婚化・少子化の進行で、ご先祖様が守ってきたお墓を維持することが難しくなり、残された家族が大変な苦労をするケース、

あるいは、最悪の場合、親族のだれもが面倒を見きれなくなり「無縁墓」)となってしまうケースさえあります。

 

そのため、最近では、親族の誰かがお墓を承継する必要がない「永代供養墓」、墓石を持たない「樹木葬」「納骨堂」などの選択をする方が増えています。

単純に、いままで墓石のあるお墓を守ってきたから、あるいは、一族としてこのお寺にお世話になってきたから、ではなく、未来の家族にとってベストの形を一から選ぶことが大切です。

その点、オンラインのお墓・霊園サイトでは、様々なお墓の形態、立地、価格条件などから選ぶことができ、家族にとって望ましい選択がしやすいでしょう。

 

(注:墓地や霊園に使用料が支払われず、所定の年数が経過した場合には、「無縁墓」として認定されます。

このようになると、墓地管理者は墓石や遺骨を撤去することができ、最終的には遺骨は合同墓などに合祀されることになります。)

 

愛媛県北宇和郡鬼北町でお墓・霊園を選ぶなら「お墓さがし」

幅広い条件から一括検索できる

エリア・宗教宗派・形態(公営・民営・寺院運営など)・料金など、あなたやあなたの家族が望む条件で自由に検索することができます。

これなら最初から、お墓・霊園の候補となる選択肢をまとめて絞り込むことができますね。

例えば、エリアが近くだったのに存在を知らなかった「納骨堂」や、リーズナブルな霊園を見つけて、驚く方もいらっしゃるようです。

 

実は大切な細かい仕様もわかる

せっかくご先祖や家族のために、良い墓地・霊園を選んだとしても、お墓を建てた後に、

お参りしづらいと分かった…

車椅子になったので、結果足が重くなってしまった…

では、元も子もありません。

「お墓さがし」では、気軽にお参りする上で大切な、駐車場の有無やバリアフリー、ペット対応の有無なども、検索の段階から絞り込むことができます。

 

7,000件以上!日本最大級のお墓・霊園の登録数

「お墓さがし」では、全国47都道府県、7,000件以上ものお墓・霊園を掲載しています。

全国最大級の掲載数ですので、きっとあなたと家族にピッタリなお墓を上手に選ぶことができるでしょう。

 


お墓・霊園の選択肢とそのメリット・デメリット

お墓・霊園を決める際には、お墓が実際に建立される場所である「墓地」「お墓の形態」の2つを、ご自身に合うように選ぶ必要があります。

 

1.「墓地」の選択肢

「墓地」選びに関しては、下記の表の通り、大きく「公営」と「民営」に分かれます。

特に、民営では、宗教宗派の縛り石材店の指定など、費用以外にも制約がある場合もありますので、事前に詳しく確認しておくことが大切でしょう。

選択肢 概要 メリット デメリット
公営
  • 都道府県や地方自治体などが運営・管理
  • 公園墓地の形態を取ることが多い
  • 宗旨宗派に制限がない
  • 公営のため、運営母体の安定性が高い
  • 費用に割安感がある場合も多い
  • 募集時期の制限が多い
  • 募集者の資格を満たすことが必要
  • 地域によって応募倍率が高い
民営 公園
  • 公益法人や宗教法人が管理・運営している
  • 駐車場や休憩所、遊歩道など設備が整っているところが多い
  • 宗旨宗派不問のところが多い
  • 空きがあればいつでも申し込むことができる
  • 公営墓地に比べると、通常割高
  • 利用できる石材店は指定があるところが多い
  • 郊外立地が多く、アクセスは悪い場合もある
寺院 境内
  • 寺院の経営による、寺院境内の墓地
  • 通常はお墓を持つと、「檀家」に入る形となる
  • 寺院のため、市街地のアクセスの良い場所が多い
  • 通常、管理状態は行き届いていることが多い
  • 永代使用料の他に、単価になるための費用や維持費、寄付金が必要になることがある
  • 宗派が異なっていれば改宗の必要がある
  • 墓石の形に制限がある場合も
公園
  • 寺院の経営による、境内以外の墓地
  • 一般向けに宗派不問となっているところが多い
(上記、民営公園墓地とほぼ同様) (上記、民営公園墓地とほぼ同様)

(出所)筆者作成

 

2.「お墓の形態」の選択肢

続いて、2つ目に「お墓の形態」を選んでいきます。

ここでは大きく、伝統的な「墓石を伴うお墓」「墓石を伴わないお墓」、墓石の有無で分類されない「その他のお墓」の3つに分類されます。

ご自身やご家族の希望に合わせて、しっかりと選んでいくようにしましょう。

 

墓石を伴うお墓

伝統的な「墓石を伴うお墓」では、「誰がそのお墓に入るか」で種類がいくつかに分かれます。

なお、一から「墓石を伴うお墓」を作る場合、石材費と墓地の永代費用料なども合わせて200-300万円程度が費用の目安となるようです。

 

「家墓・両家墓」

もっとも伝統的な形態が、家族や親戚一同が入る「家墓・両家墓」です。

なお、近年は少子化やそもそも”家”をあまり意識しない時代となったため、夫婦で入る「夫婦墓」を選択される方もいます。

 

「個人墓」

最近では、家族と同じお墓に入ることをいやがる場合やそもそも親類が少ない場合などもあり、個人でお墓に入ることを選択する方も増えています。

個人のためのお墓であるため、自分の好みや生前の趣味、予算に応じたデザインなどを比較的自由に選択できることが特徴です。

なお、最近ではペットと一緒に入れるタイプのお墓も用意されています。

 

「共同墓(合同墓・合祀墓)」

「共同墓」とは、かならずしも血縁のない複数の人の遺骨をひとつの場所に埋葬するお墓です。

多くの方の遺骨が埋葬されていますので、あなたの家族や親戚が面倒を見きれない場合でも、墓地管理者が責任を持って対応してくれます。

 

墓石を伴わないお墓

墓石を伴わないお墓では、文字通り、墓石が無いために、墓石や墓地の購入費用や管理する家族の手間を抑えることができるのが特徴です。

「納骨堂(室内墓苑)」

納骨堂は、遺骨を土に埋めずに、屋内に収蔵する施設です。

アクセスの良い場所に立地していることも多く、お墓参りも気軽に行きやすいのが特徴です。

なお、「室内墓苑」などと呼ぶ場合もありますが、基本的には納骨堂と同じものです。

 

「樹木葬」

石碑の代わりに木を植えることで墓標代わりとするお墓です。

緑や花があふれる樹木葬の霊園などもあり、最近は希望される方が増えています。

 

その他のお墓

「永代供養墓」

あなたの家族など、継ぐ人(承継者)を必要としないお墓です。

墓地管理者が永代、または、一定期間に渡って、管理や供養をしてくれます。

なお、永代供養とは継ぐ人を必要としないことのみを意味していますので、埋葬の仕方や設備には、さまざまな形態があります。

 

お墓・霊園を選ぶ際の流れ・ポイント

STEP1. 家族の将来設計

まずは、お墓を選ぶ前に、家族・親族の希望や将来像をきちんと描いておきましょう。

例えば、未婚の方が多く、将来的に墓の管理を誰が行うのか不明確な場合は、それに対応できるお墓の形態にしなくてはなりません。

また、頻繁にお参りをしたい、という方がいる場合、それが可能な立地やアクセスにしておかなくてはなりません。

 

特に、墓石を伴うお墓をつくる場合は、

・維持管理はいったい誰が行うのか?

・家族のお参りの希望はどうなのか(頻度その他)?

などに注意して、慎重に選ぶようにしましょう。

 

STEP2. お墓・霊園の見学候補選び

STEP1で、お墓・霊園に必要な条件を決めたら、早速その条件で霊園を検索してみましょう。

立地・宗教・墓地形態・費用・その他の特徴から、お墓・霊園を検索します。

墓地によっては写真も確認できますので、見学候補になりうるお墓・霊園をリストアップします。

 

STEP3. 現地の見学

次に、条件にあう墓地を見つけたら、オンラインサイトから見学予約をして、実際に現地見学をしましょう。

墓石自体が設置される区画の環境だけでなく、駐車場やバリアフリーの充実など、気軽にお参りできるかチェックしてみましょう。

また、必要な方は、法要や会食の施設が併設されていると、各種法事にとても便利でしょう。

さらに、条件に合うお墓・霊園が複数ある場合には、手間はかかっても、複数の場所を見学して、必ず比較するようにしましょう。

 

STEP4. 利用申し込み・各種契約

複数の墓地を見学し、アクセスや宗教宗派の縛り、付帯施設などの内容、その他のルールなどを確認して、利用したい墓地を決めたら、墓石まで含めた概算見積もりをつくってもらいましょう。

また、墓地の「使用規定」「管理規定」にすべて目を通し、不明点については、丁寧に事前確認しておくことが大切です。

意思が固まり、家族などの関係者にも確認が取れたら、利用申込み・永代使用料の支払いをしましょう。

 

また、お墓の建墓契約は、石材業者と結ぶことになりますので、こちらも金額や条件、契約内容の詳細を丁寧に確認しておきましょう。

今後も、メンテナンスでも付き合う可能性があるので、慎重に評判の良い業者を選ぶことが大切です。

 

STEP5. 墓地の建立/納骨

仏教の場合は、墓石に魂を入れる「開眼法要」を執り行います。

その後、墓地の管理事務所と連絡を撮り、納骨の準備を進めていきます。

なお、通常お墓の完成まで2-3ヶ月位かかりますので、故人の一周忌を目安に納骨をされる方が多いようです。

 

大切な家族の未来のために正しい選択を

多くの方が、お墓・霊園を選ぶのは人生で一度きりでしょう。

しかし、その選択は、将来に渡って大切なご家族のあり方に大きな影響を与えるものです。

あなたもしっかりとご家族で相談し、あなたの一族にとって正しい決断をされてくださいね。

 

サービス提供地域

畔屋  生田  出目  岩谷  内深田  大宿  興野々  小倉  上大野  上鍵山  上川  川上  北川  清延  国遠  久保  小西野々  小松  沢松  芝  下大野  下鍵山  清水  近永  父野川上  父野川中  父野川下  永野市  中野川  奈良  成藤  西仲  西野々  延川  東仲  日向谷  広見  吉波  

 

タイトルとURLをコピーしました